Red★速報

2ch(2ちゃんねる)の野球記事のまとめサイトです。野球の話題を中心にまとめサイトを更新しています。1日に何度か投稿される予定です。ブログの相互リンク&相互RSS募集中。

    MLB

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    maxresdefault
    1: Red★速報 2022/01/18(火) 23:08:17.31 ID:asNpleNW0
    アメリカMLB『ロサンゼルス・エンゼルス』の大谷翔平が、インタビューで〝10の必需品〟を明かし、ネット民をザワつかせている。

    大谷は2月1日発売のメンズファッション雑誌『GQ JAPAN』の表紙を飾っており、同誌の公式YouTubeチャンネルのインタビューで、10の必需品を明かした。大谷の必需品は、iPad、日本製の枕、スマートフォン、アイシングキット、バット、グラブ、スパイク、ハートレート(心拍数)モニター、コンプレッション(加圧)装置、重さのあるアイスマスクの10点。どれも野球選手として必需品と思える品々だったが、その中で、ネット民が注目したのが〝iPad〟だった。

    大谷はiPadを練習メニューや打席、投球の整理の他、漫画を読むことに使っているといい、一番好きな漫画に『スラムダンク』を挙げた。その理由について、「自分が経験ないのでできない種目でもありますし、見ていてすごいなと思うところもあるので好きですね」と〝スラムダンク愛〟を語った。

    【大谷翔平が違法DL!? 電子漫画を巡って物議「電子化されてないよね?」】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    202201170001120-w500_1
    1: Red★速報 2022/01/18(火) 06:06:20.22 ID:yGQYnSwh0
    米大リーグのパイレーツ筒香嘉智外野手(30)が故郷の和歌山・橋本市に自前の“ベースボールパーク”を建設していることが17日、判明した。同市内の3万平方メートルの敷地を確保。両翼100メートルで内外野天然芝の本球場、内野のみのサブグラウンドに室内練習場を併設し、総工費は2億円規模となる。「TSUTSUGO SPORTS ACADEMY」として運営し、将来的には同施設を拠点にする少年野球チームの創設プランも広がる。

        ◇    ◇    ◇

    筒香の夢が詰まった“拠点”が年内にも完成する。自費約2億円を投じ、本球場、サブグラウンド、室内練習場までそろうベースボール施設を建設。「TSUTSUGO SPORTS ACADEMY」として運営する。内外野に天然芝を張り、すでに完成している室内練習場はシャワー設備なども完備。野球だけに限らず、総合的なスポーツ施設としての活用が可能となっている。

    昨年、メジャー2年目シーズンを終えた後から水面下で構想を現実へと動かしていた。生まれ育った故郷の高台に候補地を選定。筒香は「ベイスターズ時代から子どもたちが本当の意味で野球を楽しみ、成長できる環境の必要性を感じ、自分なりに発信をしてきました。その思いを実現するために故郷の橋本市にスポーツアカデミーを作ることを決断しました」と明かした。

    将来的には同施設を練習拠点にする少年野球チームの創設もプランに描く。「ここから大勢の子どもたちが野球の楽しさを知り、高校、大学だけでなく生涯を通じて野球を楽しめるスタートになるような場所にしていきたいと思っています」。夢と夢の交差点が故郷にまもなく完成する。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6a65d757a9a7261f3ebd3312d9e6509cbdbeef23

    【【朗報】パイレーツ筒香嘉智、故郷和歌山に2億円夢球場「野球楽しめるスタートに」】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    SP_2001_G853
    1: Red★速報 2022/01/14(金) 08:46:44.09 ID:5kSGtmNg0
    本当にそうか?

    【お前ら「黒田はメジャーで成功したけど田中将大はメジャーで通用しなかった」←これ】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    28704_ext_04_0_L
    1: Red★速報 2022/01/11(火) 01:24:42.86 ID:RQ9rFTgn0
    投票率75%で殿堂入り 10年目で資格終了

    2021年度投票

    カート・シリング 71.1% 9年目 (辞退の意向)

    バリー・ボンズ 61.8% 9年目

    ロジャー・クレメンス 61.6% 9年目

    ゲイリー・シェフィールド 40.6% 7年目

    ジェフ・ケント 32.4% 8年目

    サミー・ソーサ 17.0% 9年目

    2022年 主な殿堂入り候補初年度
    アレックス・ロドリゲス
    デビッド・オルティス
    マーク・タシエラ
    ジミー・ロリンズ
    ライアン・ハワード

    【【悲報】ボンズ&クレメンス今年で殿堂候補終了】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    16AD03CA-DF3C-4F1A-B83F-310E2C902660
    1: Red★速報 2022/01/08(土) 14:15:09.67 ID:pFSZfH/d0
    1年で終わるか数年続くか

    【大谷って今年も去年並に活躍出来ると思う?】の続きを読む

    このページのトップヘ