Red★速報

2ch(2ちゃんねる)の野球記事のまとめサイトです。野球の話題を中心にまとめサイトを更新しています。1日に何度か投稿される予定です。ブログの相互リンク&相互RSS募集中。

    高津臣吾

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title
    1: Red★速報 2022/06/30(木) 07:23:30.29 ID:PMRicMJG0
    なんもないだろ

    【高津(若手使います 青木だろうが干します 投手の管理しっかりします)←こいつの弱点】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title
    1: Red★速報 22/06/14(火) 12:33:23 ID:jK5Z
    ヤク 高津臣吾 286
    巨人 鹿取義隆 131
    広島 永川勝浩 165
    阪神 藤川球児 243
    De 佐々木主浩 252
    中日 岩瀬仁紀 407

    楽天 青山浩二 45
    ソフ 馬原孝浩 182
    西武 豊田 清 157
    オリ 赤堀元之 139
    千葉 小林雅英 228
    ハム 武田 久 167

    【「ヤクルト高津監督」が成功したので、他球団も代表的な抑えOBを監督にすればええ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title
    1: Red★速報 2022/06/12(日) 17:44:29.72 ID:XLTrtmuMd
    指揮官を隣で支え、〝高津の考え〟を浸透させた。宮出ヘッドコーチは、「一番大事にしたことは、選手が野球に集中して伸び伸びとプレーして、力を発揮できるような環境作りですね」と考え方に高津監督との共通点があった。

    就任1年目の2020年。高津監督はチームを見て、こう感じたという。
    「生き生きしていなかった。何かに縛られているような、重圧を感じながらやっていた。みんながやる気になって、元気にグラウンドに立った中で野球をやりたいなと。そこは変えたいと思った」。2人に共通しているのは、環境づくりに重点を置くということだ。

    ヘッドコーチにはさまざまなタイプがいるが、宮出コーチは指揮官と同じ意識を持ち、目指すチーム作りを支えた。決してみんなの前で怒鳴ったり、叱ったりすることはしない。話がある際は、一対一で伝えた。選手に寄り添い、気持ちよくグラウンドに送りだした。

    終盤戦で、優勝につながる〝円陣〟があった。9月14日の阪神戦(神宮)前、「悔しい思いを勝利につなげよう」と伝えた。

    前日13日の中日戦(バンテリンドーム)では、敗戦を告げた判定に高津監督が約15分間の猛抗議。選手はベンチでその姿を見ていただけに「次の試合がすごく大事。あそこでつまずいたら駄目だと思った」。宮出コーチが鼓舞したチームはその後9連勝を飾り、13試合負けなしの球団記録を作った。

    心がけたのは「プラスの声掛け」。「チームが暗かったら明るい声をかけるのは当然だし、沈んでいるようだったら切り替えてやろうというのは当然。チームの表情を見て動いた」。〝陽〟の雰囲気を漂わせていた燕軍団の裏には、宮出コーチの環境づくりがあった。(特別取材班)
    https://www.sanspo.com/article/20211030-ROLWCD3P3NORRMIZTRSFB2OKRU/

    一体誰の事なんや…

    【高津「ヤクルトの選手は生き生きしてなかった。何かに縛られて重圧を感じながらやっていた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title
    1: Red★速報 2022/06/14(火) 02:56:40.83 ID:VHGN0RkM0
    ヤクルト・高津監督続投!交流戦Vで異例の早期決定 新たに2年契約

    https://news.yahoo.co.jp/articles/71970c995749cd54f0002012e6d0b5d4e4b49b4e

    【ヤクルト・高津監督続投!交流戦Vで異例の早期決定 新たに2年契約】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード
    1: Red★速報 2022/05/18(水) 21:41:39.76 ID:RCHNL2+/M
     阪神の3年目右腕・西純に投打で翻弄(ほんろう)された。

     中10日で先発した高橋奎二投手(25)は150キロ台を連発しながら3回まで毎回アーチを浴び、6失点で今季初黒星。「何もありません。申し訳ない」とうなだれた。

     5番に長岡秀樹内野手(20)を初起用した打線も、山田哲人内野手(29)が8号ソロなど3安打しただけでつながらず。ビジターでは16勝4敗1分も、神宮では6勝11敗となった。

     高津臣吾監督(53)は「点は取れないと分かっていたのに…3回で6点取られたらしんどい。反省することが多い試合だった」と厳しい表情だった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/afe6fb34cf7f9ac7d7b3254e0590f7e377b04926

    【【悲報】ヤクルト高津「点は取れないとわかっていた」】の続きを読む

    このページのトップヘ