Red★速報

2ch(2ちゃんねる)の野球記事のまとめサイトです。野球の話題を中心にまとめサイトを更新しています。1日に何度か投稿される予定です。ブログの相互リンク&相互RSS募集中。

    読売ジャイアンツ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title
    1: Red★速報 2022/10/06(木) 06:46:51.53 ID:7C0d5EbL0
    10月4日、巨人・原辰徳監督の続投が正式に決まった。当日、読売新聞東京本社で山口寿一オーナーにシーズン報告をおこなった原監督は、山口氏から続投要請を受け、受諾したという。

     山口氏は、報道陣に対して以下のように続投の理由を説明した。

    「監督は『自分に慢心があった』と率直に反省をしたうえで、『このままでは終われない』と強い意欲を示しています。強い意欲を尊重して、立て直しを託そうと」

     一方で、原監督は、

    「どこかで老け込みつつある私自身を、今季の悔しさが奮い立たせてくれた。オーナーよりもう一年、命を下してもらった。このままで終わってたまるか」

     と、悔しい思いを語った。今季は5年ぶりのBクラスで、監督就任以来、初めてCS出場を逃すという惨憺たる結果だった。

    「他球団が羨むほどの戦力を揃えておきながら、この結果は恥ずかしいですよ。シーズン中、新型コロナウイルスの集団感染で主力が離脱するアクシデントはありましたが、苦しい台所事情は他球団も同じ。今季は“育成”に注力すると明言していましたが、この様子では、来季はFAなどでなりふりかまわず戦力を揃え、勝ちを狙うことになるでしょう」(スポーツ紙記者)

     巨人軍の監督として、球団史上最長となる通算16年めでの“醜態”。ファンの我慢は限界に達しようとしている。

    《自分に慢心があったのに、続投することは、理解できません》

    《何故自ら身を引かないのか? 本当に見苦しいと思う》

    《来季も原監督が継投と知り絶望した。川上監督・長嶋・王のV9黄金時代の栄光の巨人に泥を塗るだけだ》

    《原監督続投を聞き 来春は巨人戦は応援しないことにしました》

    《クビにしろこんな老害》

    「山口オーナーは、8月下旬に原監督から進退伺を受け取ったことを明かしています。その後、何度もやり取りを重ねるなかで、原監督の心境が変化し、続けることになったと。しかし、これも監督批判をかわすための“ポーズ”と受け取られても仕方がない状況です。

     そもそも原監督が、球界OB初のコミッショナーになるという野望を持っていることは、公然の秘密です。師匠に当たる星野仙一氏は、生前コミッショナー就任を目指していましたが、道半ばで逝去。その“遺志”を受け継いでいるのが原監督なんです。とはいえ、ファンからここまで批判を浴びながら監督を続けるのは、むしろ逆効果でしょうね」

    【巨人・原辰徳監督「このままで終わってたまるか」続投正式決定も…「見苦しい」「応援しない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title
    1: Red★速報 2022/10/05(水) 11:19:31.83 ID:5L6a4Jn+0
     桑田コーチの慧(けい)眼で若手はしっかり芽を出した。シーズン最終盤まで大勢の3連投を避け、手術明けの山崎伊、堀田には適度に登板間隔を設けてシーズンを完走させた。

    戸郷も自身初の2ケタ勝利を挙げ、次代のエースとして着実にステップアップした。原監督も「大きな故障者が出なかったことは本当にすばらしかった」と感謝する。桑田コーチを「球団の宝」と言い、しかし、1軍は育成だけの場ではないことを伝えたかったはずだ。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/5f27f31c5bd07e8bf20e8bf50b39077826b4bbc4

    【報知「桑田コーチのお陰で堀田(8登板)はシーズン完走させた」←これwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title
    1: Red★速報 2022/10/05(水) 13:12:43.46 ID:MI8fkQRE0
    【巨人】原辰徳監督の続投決定 8月下旬、進退伺出していた…燃える反骨心 チーム再建へコーチ陣刷新も

    https://hochi.news/articles/20221004-OHT1T51196.html?page=1

    打線においても今季は岡本和、丸、中田、ポランコ、ウォーカーが20発以上をマークし、破壊力抜群の「20発クインテット」が売りだったが、
    「(チームの)本塁打数はある程度誇れる部分ではあるけれど、しかし試合を支配する上において本塁打は順位的には高いものではないと改めて感じた」と一発頼みの“限界”を痛感。
    「バント、進塁打、あるいは犠飛」と緻密(ちみつ)な野球を取り戻していくことを掲げた。

    【原読売巨人軍、来年はスモールベースボールを掲げる模様wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title
    1: Red★速報 2022/10/05(水) 10:21:36.54 ID:5CKvIKKK0
    大勢
    2.05 1勝3敗 8H37S
    新人最多セーブ記録タイ

    湯浅
    1.09 2勝3敗 43H
    リーグ最年少最優秀中継ぎ賞



    普通に考えたら湯浅の勝ち確に見えるんやが

    【セ・リーグ新人王が大勢と湯浅の一騎打ちという謎の風潮】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title
    1: Red★速報 2022/10/05(水) 08:18:33.48 ID:eVd0xyXV0
     今季は自身初の2ケタ勝利となる12勝、防御率2・62をマークしたが、代表では中継ぎを担う可能性が浮上した。同席した栗山監督から「使い方は途中からでも行くとか、いろんなことお願いしていいですか?」と打診され、右腕は「どこでも対応できるかなと思います」と即答した。

     今季中継ぎ登板はなかったが、救援適性は十分だ。宝刀フォークを武器に154奪三振で最多奪三振のタイトルを獲得。リリーバーとして求められる高い奪三振力を持ち合わせる。また昨季は初回の失点がイニング別最多の18だったが、今季は25試合で7と大きく改善。「ブルペンの意識を変えて、それが良い感じにはまってきた」と立ち上がりの不安も少ない。昨季は阪神とのCS第1ステージ第2戦で3回から登板し、3回無失点と好投するなど大舞台での救援経験もある。

    【巨人戸郷、代表では中継ぎか「どこでも対応できます」】の続きを読む

    このページのトップヘ