Red★速報

2ch(2ちゃんねる)の野球記事のまとめサイトです。野球の話題を中心にまとめサイトを更新しています。1日に何度か投稿される予定です。ブログの相互リンク&相互RSS募集中。

    斎藤佑樹

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: Red★速報 2022/08/06(土) 12:32:35.85 ID:8Xk3fqDb0

    【斎藤佑樹さんの始球式wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: Red★速報 2022/08/05(金) 17:23:48.10 ID:CAP_USER9
     6日放送の『高校野球中継』に出演する斎藤佑樹(C)ABCテレビ

     元プロ野球選手の斎藤佑樹氏が、あす6日開幕する夏の甲子園『第104回全国高等学校野球選手権大会』開会式&第1試合の中継ゲスト(ABCテレビ)に登場する。

    【画像】あしたスタート!第104回全国高等学校野球選手権大会ロゴ

     斎藤氏は、早稲田実業高等部時代の2006年に夏の甲子園を制し、「ハンカチ王子」の愛称で一世を風靡した。3年ぶりの有観客開催となる今年、球児を取材する立場で甲子園に戻り、開会式では横浜高校元監督の渡辺元智氏、第1試合では智弁和歌山前監督の高島仁氏とともに、熱戦を届ける。

     また、新企画として高校野球中継を見て全国49地区の特産品があたる「ふるさと甲子園 with ふるラボ」がスタート。岐阜県から「A5等級飛騨牛」、岡山県から「シャインマスカット晴王」など、充実のラインアップがそろう。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/58554fa3bedfad412fc0d17c608ba8d94cc0c975

    no title

    【【甲子園】“ハンカチ王子”斎藤佑樹が「夏の甲子園」中継初日にゲスト出演 あす6日に熱戦開幕】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: Red★速報 2022/07/27(水) 19:14:29.42 ID:CAP_USER9
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/07/27/kiji/20220727s00001002573000c.html
    no title


     日本高野連は27日、第104回全国高等学校野球選手権大会(8月6日から17日間、甲子園)の第3回運営委員会を開き、始球式役・入場行進の先導役を発表。早実で2006年に全国制覇を果たした元日本ハムの斎藤佑樹氏(34)が始球式を務めると発表した。

     斎藤氏は日本高野連を通じ「今回このような形で甲子園のマウンドに帰れることをとても嬉しく思います。この夏が球児の皆さんと高校野球を愛するすべての方々にとって、熱い熱い、特別な夏になるよう、一球に魂を込めて、精一杯務めさせていただきます」とコメントした。

     また入場行進の先導は三田西陵(兵庫)野球部の女子部員である東尾凜さん(3年)が務めることが決まった。東尾さんは規定により公式戦の出場はできなかったが、主将としてチームをけん引した。

    【【高校野球】夏の甲子園 斎藤佑樹氏が始球式 “ハンカチ王子”が再び夏の聖地に 日本高野連発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: Red★速報 2022/07/19(火) 05:59:29.15 ID:c2d+KCuNa

    【斎藤佑樹さん、写真家としての才能抜群だった】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title
    1: Red★速報 2022/07/01(金) 16:11:03.07 ID:lVYJOj9Ad
    斎藤佑樹 写真展 「引退後の景色」 開催記念イベント
    https://www.sony.jp/store/retail/event/saitoyuki/

    『斎藤佑樹 写真展』来場者記念特典

    写真展開催期間中にご来店、ご自身のMy Sony IDでチェックインされると、
    店頭にて開催中の「斎藤佑樹さん 直筆サインボールプレゼントキャンペーン」にご参加いただけます。
    キャンペーンにご応募いただいた方の中から抽選で合計10名様に
    斎藤佑樹さん直筆のサインボールをプレゼントいたします。
    また、キャンペーンにご応募いただいた方全員にその場でサイン入りステッカーをプレゼントいたします。

    【カメラマン斎藤佑樹の写真展が銀座で開催。来場者に直筆サインボールプレゼント】の続きを読む

    このページのトップヘ