Red★速報

2ch(2ちゃんねる)の野球記事のまとめサイトです。野球の話題を中心にまとめサイトを更新しています。1日に何度か投稿される予定です。ブログの相互リンク&相互RSS募集中。

    又吉克樹

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20201021-OHT1I50183-L
    1: Red★速報 21/11/30(火)01:36:56 ID:JYWG
    田島←TJ明けで通年計算できるか謎
    福←3年連続50登板で勤続疲労気味 年々成績悪化
    祖父江谷元←年齢的に通年稼働できるか不安あり
    ライデルマルティネス←キューバ関係でちょくちょく離脱する
    藤嶋←典型的なビハインド専
    岡田、鈴木博志、橋本、森←うんち

    ようこれで補償もらえるから又吉出て行っていいとか言えるな

    【又吉抜けた後の中日リリーフ陣www】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    sponichin_20211129_0137_0
    1: Red★速報 2021/11/28(日) 15:46:36.42 ID:uWHN5G9Td
    阪神→陽川(若手スラッガー)
    DeNA→細川(若手スラッガー)
    オリ→中川(若手スラッガー)
    SB→川瀬(若手セカンド)

    【【朗報】中日又吉の人的補償、決まるwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20211125-41241164-nksports-000-8-view
    1: Red★速報 2021/11/30(火) 04:40:57.91 ID:s6kL8db7p
    ソフトバンクが、国内フリーエージェント(FA)権行使を表明した中日又吉克樹投手(31)の獲得へ本腰を入れることが29日、分かった。この日中日へFA権利行使の申請手続きを行った右腕について、球団関係者は「もちろん欲しい」と言及。交渉が可能となる12月9日から猛アタックをかける。

    今季は森、モイネロ、岩崎ら勝ちパターンが相次いで負傷離脱。シーズンを通して勝利の方程式が確立できず、8年ぶりのBクラスに低迷した。又吉は今季66試合に登板し、セットアッパーや抑えを務めるなどフル回転。防御率も1・28と実績は十分で、新人の14年から3年連続60試合登板とタフネスさを兼ね備えている。藤本博史監督(58)はすでに守護神森を9回に、残留が決まったモイネロを8回に固定する考えを明かしており、又吉獲得となれば、「7回の男」としての期待がかかる。中日は3年総額4億円の条件提示をしているとみられるが、数々の大型補強を成し遂げてきたソフトバンクは、さらなる好条件を用意して中日を含むライバル球団との争奪戦に向かう見込み。工藤前監督から課題だった勝利の方程式の確立へ、フロントも全力でバックアップしていく。

    ソフトバンクのFA参戦は、18年オフに西武浅村(現楽天)とオリックス西(現阪神)のダブル獲得に動いて以来3年ぶり。20年以来2年ぶりのリーグ優勝と日本一に向け、「常勝軍団」が動きだす。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/aea04da29679aeb0c49d66a045e3cb38b66c6dd7

    【ソフトバンク、又吉獲得に本腰。交渉解禁即猛アタックへ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title
    1: Red★速報 2021/11/29(月) 05:36:04.70 ID:VraXxx4nd
    DeNAが国内フリーエージェント(FA)権を保有している中日・又吉克樹投手(31)が権利を行使した際は、交渉解禁と同時に速攻でアタックをかける方針であることが28日、分かった。

    今季の又吉はチーム最多66試合に登板し3勝2敗8セーブ、33ホールドで防御率1.28。プロ8年間で400試合に登板するタフネス右腕は熟考を重ねた末、この日までに権利を行使する意向であることが判明した。ここまで動向を注視する球団は、全球団が交渉可能となる12月9日に即日で交渉を行えるように準備を進めている。

    【DeNA、中日又吉に交渉解禁即日アタック!大型契約提示へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    show_img
    1: Red★速報 2021/11/24(水) 13:04:36.62 ID:EKOxNDWYr
    7回又吉
    8回岩崎
    9回スアレス

    これもうオールスターだろ

    【又吉加入後の阪神の勝ちパターンwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ