Red★速報

2ch(2ちゃんねる)の野球記事のまとめサイトです。野球の話題を中心にまとめサイトを更新しています。1日に何度か投稿される予定です。ブログの相互リンク&相互RSS募集中。

    オリックスバファローズ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: Red★速報 2023/02/01(水) 14:57:34.56 ID:fK9qOcbDp
    no title

    no title

    【【画像】森友哉のオリックスユニフォーム姿wwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title
    1: Red★速報 2023/01/28(土) 14:01:46.24 ID:HNZv1+x5M
    マイアミで誓った! オリックス・山本由伸投手(24)が27日、大阪市内の球団施設で自主トレを公開。代表入りしたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に向けて、ロッテ・佐々木朗とともに、準決勝と決勝の舞台となるマーリンズの本拠地、ローンデポ・パーク(米フロリダ州マイアミ)を訪問していたことを明かした。3大会ぶりの世界一へ、イメトレ完了だ!

    マウンドに立ち、大きく息を吸い込んだ。肌で感じたかった。ここで、必ずつかむ。自主トレを公開した山本がオフに世界一への〝予祝〟をしていたことを明かした。

    「ここでやるんだな、というのはすごく思いましたし、満員になって、その中で自分がプレーするというのは、どんな感じなんだろうって、すごい本当にワクワクするなと思いました」

    インターネット配信番組の企画でロッテ・佐々木朗と米国に飛んだ。向かった先はWBCの準決勝、決勝の舞台であるローンデポ・パーク。球場だけでなく、街の雰囲気も体感した。3月21日(日本時間22日)の決勝で3大会ぶり世界一に輝くドラマを思い描いた。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9e4425ba4119f201551bc03a4e36051ad7120a90

    【山本由伸が〝予祝渡米〟「ワクワクするなと思いました」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title
    1: Red★速報 2023/01/27(金) 07:11:38.25 ID:sp8XgELKd
    17年WBCに出場した元侍戦士で、昨季限りでオリックスを自由契約となっていた増井浩俊投手(38)が現役引退を決断したことが26日、分かった。
    本紙の取材に対して「悔しいですが、現役引退の決意を固めました」とコメントした。

     プロ13年目の昨季も151キロを計測するなど球威は健在だったが、日本一となったチームは若手が台頭しており、わずか2試合の登板に終わった。
    NPBに絞って他球団のオファーを待ったがえっショック新たな所属先は見つからず、年明けに故郷・静岡県に帰省した際に親族に現状を報告。
    各球団がキャンプインする2月1日までに最終決断する方針を固めていた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/9b7861fed2781dfe0fed26993c78440455800a6f

    【【悲報】増井、引退】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title
    1: Red★速報 2023/01/23(月) 11:20:56.89 ID:sEmaOYFN0
    「近く球団の方とお話しさせていただきます」

     12球団大トリ、3年連続年越し交渉となったオリックス・山岡泰輔投手が近日中に契約更改の席に着くと語ったのは、1月21日だった。

     >>藤川球児、『戦力外通告』元オリ海田投手の年俸発言にブチギレ「直接連絡してみます」ハラスメントと指摘も<<

     同日、山岡が大阪・舞洲の球団施設にやって来た目的は、自主トレ。キャンプイン直前となってもまだ契約更改を終えていないため、在阪メディアは「見掛けたら、必ず」と気構えていたのだ。

     しかし、当の山岡は至って冷静だった。

     「代理人(弁護士)を通してだけど、色々と話をして来たようです。ここまで契約を保留してきた理由は『金額』ではないようですし」(在阪記者)

     ピッチャーとは“デリケートなタイプ”が多いという。今回、契約更改に時間が掛かったのは、山岡が“ピッチャーらしい性格”をしているからとも解釈できる。

     「昨年度も契約更改が年越しとなってしまいました。更改後の会見で、21年シーズンは、先発なのか、リリーフなのか、起用法がはっきりしなかったことを挙げていました」(前出・同)

     自身の立ち位置が分からなかったのだろう。

     21年シーズンは右ヒジを痛め、9月には患部にメスを入れている。同年の日本シリーズでは“救援勝利”を挙げたが、契約更改が年越しとなってしまった。

     「先発なら(山本)由伸に追いついて、追い越せるぐらい頑張りたい。中継ぎなら7、8、9回を任せられるように」(2022年1月26日)

     更改後の「先発、リリーフのどちらでもやる」のコメントから起用法に不満がないことは明白だった。しかし、「キャンプ、オープン戦を見て首脳陣が判断する」の“正論”と、「調整が異なるのでハッキリしてほしい」の“デリケートさ”が平行線を辿り、山岡が納得するまで時間を要してしまったのだ。

     今回も“自身の立ち位置”のことで、確認したいことがあったそうだ。

    【オリックス・山岡、不安定な起用法にモヤモヤ? 年越し交渉の決着は間もなくか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title
    1: Red★速報 2023/01/17(火) 07:44:05.55 ID:u9kmJbxd0
    森友哉「侍ジャパン問題」にコロナが急浮上!「ワクチン接種証明を出せないから」という悲劇

     コロナ対策として切っても切れないのは、ワクチン接種の有無だ。コロナワクチンを複数回にわたって接種しても、陰性が続くわけではない。
    だが、ワクチンを接種することによって、コロナにかかっても軽症ですむといわれている。WBCでは諸外国から代表メンバーが数多く来日するため、開催地の日本としては、陰性証明やワクチンの接種証明を求めることになるだろう。

     当然、侍ジャパンのメンバーにも同様の処置がとられることになる。
     ところが、森がワクチン接種を拒んでいた、との情報があるのだ。

    「副反応の問題があるのかもしれませんが、森は複数回のワクチン接種をしていないようです。そのため、NPBにワクチンの接種証明書は提出できないことになり、侍ジャパン入りの辞退につながったともっぱらです」(遊軍記者)

    https://www.asagei.com/excerpt/242695

    【【WBC辞退】森友哉、反ワクだったwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ