Red★速報

2ch(2ちゃんねる)の野球記事のまとめサイトです。野球の話題を中心にまとめサイトを更新しています。1日に何度か投稿される予定です。ブログの相互リンク&相互RSS募集中。

    独立リーグ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title
    1: Red★速報 2022/09/05(月) 08:02:57.75 ID:Bm2u9RIA0
     石川ミリオンスターズがキューバ野球リーグで2021年新人王、22年MVPに輝いたマルロン・ベガ・トラビエソ・ジュニア投手(19)=登録名はトラビエソ・ジュニア=を獲得し、3日にチームに合流した。右投げ最速153キロで、抜群の制球力を誇る。

    身長187センチ、体重80キロ。キューバリーグのウラカネス・デ・マヤベケに2シーズン所属し、通算21勝4敗15セーブを記録。今季12勝(2敗)はリーグ最多だった。

     今月13日に20歳を迎える右腕は、23歳以下のワールドカップ(10月・台湾)のキューバ代表メンバーとして期待される「新星」で、日本行きはキューバ国内のメディアで「最高の選手が日本海オセアンリーグを盛り上げる」と報じられ、大きな話題となっている。

     次戦10日の福井ミラクルエレファンツ戦(魚津桃山)から出場可能。ホームデビューは13日に金沢市民野球場で行われる日本ハム2軍との交流戦が最短となる。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3902682a95065bccffcb2268813d95bcf6a301cf

    【キューバMVPが日本の独立リーグ入り 最速153キロの19歳右腕】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title
    1: Red★速報 2022/08/24(水) 12:01:57.16 ID:qntNvwp60
     聖地・甲子園をも震撼させた浅野 翔吾外野手(3年)が主将を務める高松商(香川)の躍進に沸いた2022夏・四国野球。そんな最中、四国の地を超え、日本野球を震撼させるもう1つの出来事が、四国アイランドリーグplusで始まろうとしている。

     8月10日・徳島インディゴソックスへの入団が決まったキューバ人投手、ペドロ・アルバレス投手がその人。先の2021~2022シーズン、キューバ国内リーグで11勝3敗、防御率2.90で最多勝を獲得。
    最速154キロのフォーシームに多彩な変化球を操る右腕は、来年3月開催「2023 WORLD BASEBALL CLASSIC?」(以下・WBC)のキューバ代表としても活躍が有力視されている。

     ではそんなキューバの至宝が、なぜ日本の独立リーグに足を踏み入れたのか?「高校野球ドットコム」ではペドロ・アルバレスに独占インタビューを敢行した。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/0be9bbf01b9b1fd97832ca9eb8acd15483a8e676

    【なぜキューバ国内リーグ最多勝右腕は徳島インディゴソックスへ入団したのか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title
    1: Red★速報 2022/08/06(土) 13:46:56.03 ID:gmsAgMGfF
    独立リーグ・九州アジアリーグの福岡北九州フェニックスは6日、寺原隼人投手コーチが選手兼任に契約変更となり、3年ぶりに“現役復帰”することになったと発表した。

     寺原兼任コーチは、2001年ドラフト1巡目で日南学園(宮崎)からダイエー(現ソフトバンク)に入団。横浜やオリックス、ソフトバンク復帰などを経て、ヤクルト時代の2019年限りで現役引退した。

     2020年からは沖縄のプロ野球球団・琉球ブルーオーシャンズ」で投手コーチを務め、今季から元阪神、ロッテの西岡剛監督が率いる北九州で投手コーチになっていた。

    【寺原現役復帰】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: Red★速報 2022/08/06(土) 07:19:36.48 ID:O3V2yP72p

    【西岡剛監督、球審にブチ切れ「フォースアウトにコリジョンはねぇよれ!ボケ、アホ!辞めちまえ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title
    1: Red★速報 2022/07/25(月) 13:40:48.13 ID:n0/K1PH80
    社会人野球の上でプロ野球2軍よりは下?

    【【野球】「独立リーグ」←これなんなの?】の続きを読む

    このページのトップヘ