Red★速報

2ch(2ちゃんねる)の野球記事のまとめサイトです。野球の話題を中心にまとめサイトを更新しています。1日に何度か投稿される予定です。ブログの相互リンク&相互RSS募集中。

    北海道日本ハムファイターズ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title
    1: Red★速報 2022/08/07(日) 14:50:59.87 ID:xkAw6lQ+0
     日本ハム・伊藤大海投手(24)が試合前、偽サイン騒動に怒りをあらわにした。

    自身のツイッターにファンから偽サインがオンライン上に出品されている情報が写真付きで寄せられ、「別にサインカッコよくも書けないし上手でもないけど。ここまで下手くそじゃないです。」(原文ママ)とリツイートした。

    さらに報道陣の前でも「あれ酷くないですか?『そんなにお金に困っているんだったら、お金あげる』って言っておいてください」と憤りを隠さない。「ああいうのは絶対に許されることではないので、ツイッターでたまにクギを刺しておけば減るんじゃないかな、と。そういう活動も思い切ってしていきたい」と強い口調で話した。

    【【日ハム】伊藤大海『そんなにお金に困っているんだったら、お金あげるよ?』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title
    1: Red★速報 2022/08/06(土) 00:52:07.38 ID:Bx5zykhN0
    西川、大田、秋吉前部あかん...

    【日ハムのノンテンダー、成功だったかもしれない】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title
    1: Red★速報 2022/08/09(火) 03:58:26.84 ID:DXWkNF9ad
    日本ハムのビッグボス・新庄剛志監督(50)が来季も指揮を執ることが8日、分かった。就任時に「1年契約」と明かして臨んでいる監督1年目の今季は101試合を消化し41勝59敗1分け。首位に14ゲーム差の最下位だが、続投が決まり、来季へ向けての準備も着々と進めていく。

     来季も日本ハムのかじを取り、船を進める。新庄ビッグボスが来季も指揮を執ることが確実となった。就任1年目の今季ももちろんだが、来年3月に開業する新球場「エスコンフィールドHOKKAIDO」の目玉ともなる。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/27f9a08a9ef951bfa19a11cbc31f3d385a24baf5

    【【朗報】新庄ビッグボス、来季も続投に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title
    1: Red★速報 2022/08/08(月) 18:07:34.21 ID:qvH0TL4H00808
     日本ハムが8日、新球場「エスコンフィールドHOKKAIDO」で迎える来季の開幕戦を3月30日(対戦相手未定)に行うことを発表した。この日行われたプロ野球実行委員会で決まった。

     他の5試合は3月31日で、1試合のみ前日に行われる異例の開幕となる。NPBの井原事務局長は実行委員会後の会見で、「新球場というのは何十年に1回。特別に1日前にずらして、12球団の総意として門出を祝う意味を込めてそういう日程にしました」と説明した。

     川村球団社長は「エスコンフィールドHOKKAIDO開業にあたり、NPBならびに11球団のご承認及び、日本プロ野球選手会のご理解のもと、セ・パ両リーグの開幕日に先んじてオープニングゲームを開催させていただくことが決まり、心より感謝申し上げます。‘世界がまだ見ぬボールパーク‘をうたった壮大なプロジェクトはここまで計画通り進行しており、プロ野球に新たな魅力を添えられるよう、鋭意建設工事を進めております。2023年3月30日が全国のプロ野球ファン、スポーツを愛する全ての皆様の間で末永く語り継がれる歴史的な一日となるべく、チーム、フロント一丸で引き続き準備を進めてまいります。楽しみにお待ちいただけますよう、宜しくお願い申し上げます」とコメントした。

    【日本ハムが来季新球場で他球場より1日早い3月30日に先行開幕】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title
    1: Red★速報 2022/08/04(木) 12:58:47.35 ID:NhW5KktM0
    やっぱり監督変わると
    覚醒する選手いるんやね
    長期政権はダメやね

    【清宮、松本剛を覚醒させた新庄監督、根尾を投手で覚醒させた立浪監督】の続きを読む

    このページのトップヘ