Red★速報

2ch(2ちゃんねる)の野球記事のまとめサイトです。野球の話題を中心にまとめサイトを更新しています。1日に何度か投稿される予定です。ブログの相互リンク&相互RSS募集中。

    横浜ベイスターズ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: Red★速報 2022/01/08(土) 22:44:01.73 ID:GSYe+8+V0
    顔丸すぎて草

    no title

    no title

    【【悲報】山崎康晃さん、アンパンマンみたいになる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20220111_ohta_km
    1: Red★速報 2022/01/11(火) 23:14:58.24 ID:QWGuVmsJ0
     昨年11月16日に日本ハムから来季の契約を提示されない「ノンテンダー」で保留者名簿を外れ、12月14日にDeNA移籍が決まった。新天地では佐野恵太、タイラー・オースティン、桑原将志と激しい定位置争いが待っている。巨人時代に内野を守った経験はあるものの、日本ハム時代の2020年には外野手部門のゴールデングラブ賞に輝いた。「外野でやっぱりやりたいですね。守備範囲、ポジショニング。自分をアピールして、三浦監督の目にとまってくれれば。ライトが長いからライトにはやりやすさはあります」と打ち明けた。

    【DeNA入り大田泰示「外野にこだわりたい。とくにライト」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    202201110000779-w500_0
    1: Red★速報 2022/01/12(水) 05:06:12.80 ID:RYhJvLgq0
    DeNA大田泰示「自分の角度がある」グラウンドボール革命で再起

    DeNA大田泰示がグラウンドボール革命で再起する。神奈川・横須賀市内の2軍施設DOCKで自主トレを公開。ウエートトレーニング、キャッチボールなどで汗を流した。日本ハムを自由契約となり、新天地で迎えた新年。「打撃では打率3割が目標。今季はキャリアハイになるようにやれれば」と意気込んだ。

    昨季不振に陥った原因の1つに、ポップフライ増があると分析する。右足の体重移動時に打球に力が乗り切らず、打球速度が落ちていた。「フライボール革命ってあるけど、僕はフライボールより角度が少なくて、ライナーやゴロ系のヒットが多い。それに戻すじゃないですけど、自分の角度があると思うんで」。

    過去の本塁打も、打球角度19〜20度の低空ライナー弾が多かった。かち上げず、低く強い打球を増やすことが浮上の糸口と見る。昨年は佐野、桑原、オースティンが外野のレギュラーを張った。巨人時代は内野も守ったが「外野でやりたいですね。三浦監督の目に留まってもらえればと思います。ライトにやりやすさはあるけど、キャンプでいろんなポジション練習します」。打って守って、定位置争いに割って入る。【鎌田良美】

    https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202201110000779_m.html?mode=all

    【【悲報】DeNA大田泰示「ゴロを打ちたい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    img_4f0773524b3658e1909bfb7b55306475265397
    1: Red★速報 2022/01/07(金) 12:09:23.69 ID:kIzAgbs80
    もう煽りでもなくクビと引退が近い模様

    【【悲報】倉本寿彦さん(31)全てを失いそう】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    WGQXGTP4JNN5RGHXLENDCOLDRQ
    1: Red★速報 2022/01/10(月) 09:15:54.63 ID:ZTBHmh9Cd
    https://news.yahoo.co.jp/articles/1e83f3b7252503a3b0c21000222b789c3995a71e
    ダイナミックなプレーで魅せる内野手が、球団の枠を超えてタッグを組んでいた! 巨人・吉川尚輝内野手(26)が9日、東京都内でDeNA・森敬斗内野手(19)らと行っていた合同自主トレを打ち上げ、充実の表情を浮かべた。

    「教えられるほどの立場ではないんですけど、若い頃に教わったことやヒントになったことを思い出して、僕もいい練習ができています」

    球界屈指の守備範囲の広さを誇る吉川のもとへ、森が巨人、DeNAで打撃投手などを務めた元投手の藤井秀悟氏(現さわかみ関西独立リーグ・ゼロロクブルズGM補佐兼投手コーチ)を通じて弟子入り。5日間限定で巨人の強肩捕手・岸田、〝ポスト坂本〟と期待される中山とともにウエートトレや守備、打撃練習で鍛錬を積んできた。

    練習の合間には意見交換の時間を設けた。吉川は若手時代に内野守備走塁コーチだった井端弘和氏から教わった基本の大切さを伝えた。森が送球の安定感を身につけたいといえば、「近距離では特に、顔の近くに右腕を通す」という井端氏から受けた助言を伝授。ハマの未来を担う遊撃手へ「試合で経験を積んで、コーチに教わることが大事。スピードもあるし、肩も強いからいい選手になれる」と背中を押した。

    今後は別れて自主トレを続けるが、森は「見ているだけでも勉強になりました。お願いしてよかったです」と収穫を持ち帰った。今季から背番号2を背負う吉川も「最低限、守備はこなさないといけない。その上で打撃で結果を残さないとレギュラーは取れない」と覚悟をにじませた。互いのチームで定位置をつかみ、華麗な守備で競い合う。(谷川直之)

    【【朗報】DeNA森敬斗、巨人吉川に守備の弟子入りしていた】の続きを読む

    このページのトップヘ